三協ワシメタル株式会社 製品案内


home > 製品案内 > 低圧鋳造製品 > 低圧鋳造製法

低圧鋳造製法

構造説明

低圧鋳造製法は、溶解金属を溜めて密閉したルツボ上の固定プレートに下型をセットし、上下に移動する可動プレートに上型をセットします。

低圧鋳造製法01 (1)低圧鋳造機に上型、下型を取付け、スライドシリンダーが伸びて、可動プレートが下降して、下型と密着します。
低圧鋳造製法02 (2)エアー注入口より圧縮空気を送り込みます。その気圧でストークからアルミ溶湯が上へ押し上げられて、下型に注入されます。
低圧鋳造製法03 (3)製品の凝固時間(数分〜数十分)が経過後、スライドシリンダーが縮んで、可動プレートが上昇し、型が開きます。
低圧鋳造製法04 (4)専用工具で上型より製品を取り出します。
このページのトップへ